「買ってはいけない」ネットの声

ブルーレイレコーダー 「買ってはいけない」|ネットの声【まとめ】

ブルーレイレコーダー とGoogle検索すると「他の人はこちらも検索」欄に「買ってはいけない」と表示されています。

なぜ、表示されているのでしょうか。

そこで、このページではブルーレイレコーダー 「買ってはいけない」理由に関するSNS、ネット上の声をまとめます。

もくじ

ブルーレイレコーダーについて

ブルーレイレコーダーとは、Blu-ray Discの再生、およびBlu-ray Discへの録画が可能な機器のことである。

ブルーレイレコーダーは、多くの場合HDDと地デジチューナーを内蔵しており、一度HDDに記憶してからBlu-ray Discに書き込む方式ことができるようになっている。

Blu-ray Discには2層式で最大50GBまで記録可能であり、1080pのデジタルハイビジョン放送でも長時間、画質を落とすことなく記録することができる。

ブルーレイレコーダーの多くは、BD-Video形式の動画コンテンツの再生、および記録の他、DVD-Videoの再生やDVDへの録画が可能となっている。

BDレコーダーとは何?  Weblio辞書

ブルーレイディスクのメーカー一覧

  • パナソニック
  • 東芝
  • シャープ
  • ソニー

ブルーレイディスクおすすめ3選

『ブルーレイレコーダー 「買ってはいけない」』ネットの声

ネット上の~の声を紹介します。

ネット上の声をご覧ください。

『ブルーレイレコーダー 「買ってはいけない」』ネットの声【まとめ】

ネットの声をまとめると以下の結論となります。

  • 故障が多い機種がある
  • 値段が高い
  • 時代遅れ
  • 10年以内に壊れる
  • テレビ番組を観る人が減っている

まとめ

『ブルーレイレコーダー 「買ってはいけない」』とGoogle検索で表示される原因をまとめると、「時代遅れ」「値段が高い」「時代遅れ」「10年以内に壊れる」といった理由が挙げられます。

値段が高い割には壊れやすく時代遅れなので、買ってはいけないと考える人が多いのでしょう。

ただし、録画したテレビ番組を何回も観たい方にはオススメします。

-「買ってはいけない」ネットの声