「ひどい」ネットの声

血界戦線「ひどい?」|ネットの声【まとめ】

血界戦線とGoogle検索すると「他の人はこちらも検索」欄に「ひどい」と表示されています。

なぜ、表示されているのでしょうか。

そこで、このページでは血界戦線「ひどい」に関するSNS、ネット上の声をまとめてみます。

血界戦線について

血界戦線(けっかいせんせん)は、内藤泰弘による漫画作品です。

血界戦線のあらすじは以下の通りとなっています。

異界と現世が交差する街、ヘルサレムズ・ロット。新聞記者レオナルド・ウォッチ]は、銀行強盗騒ぎに巻き込まれている最中、秘密結社ライブラの一員ザップ・レンフロと出会った。

新メンバーの出迎えに来ていたザップの勘違いに便乗し、レオはライブラのアジトに潜入することに成功する。

レオはかつて謎の存在から妹の視力と引き換えに「神々の義眼」を与えられたことを悔いており、裏の世界に通じるライブラは義眼の謎を解く手掛かりとなる可能性が高い。

しかし、潜入はあっさり露見する。

ところがその時、堕落王フェムトの召喚による半神の襲撃が発生。

しかしこれを義眼の力によって回避したことから、ライブラのリーダーであるクラウス・フォン・ラインヘルツに互いに協力することを申し出られ、事件解決後は正式にライブラの一員として認められることになる。

血界戦線(漫画)- マンガペディア

『血界戦線「ひどい」』ネットの声

ネット上の血界戦線「ひどい」の声を紹介します。

まずネット上の声をご覧ください。

『血界戦線「ひどい」』ネットの声【まとめ】

血界戦線「ひどい」についてネット上の声をまとめると以下の結論となります。

  • 漫画を読まないとアニメのストーリーについていけない
  • 漫画のストーリーがわかりにくい、と感じた人がいる

『血界戦線』の良い評判

血界戦線「ひどい」という声がありますが、一方で良い評判も多くあります。

良い評判を一部紹介します。

まとめ

『血界戦線「ひどい」』とGoogle検索で表示される原因をまとめると、「漫画を読まないとアニメのストーリーについていけない」「漫画のストーリーがわかりにくい、と感じた人がいる」といった理由が挙げられます。

-「ひどい」ネットの声