マルチvsネズミ講 ニュースキンはどっち?(徹底解説)

化粧品やサプリメントで有名なニュースキン。

「マルチ商法?ネズミ講?どっちなの?」結論から言うとマルチ商法になります。

ツクシィ

あ~マルチって言ちゃったよ~
結論を言ってしまいましたが、ネズミ講マルチ商法について

詳しく解説するので、よかったら最後までご覧になってください。

リャンヤン

関連記事

【意外な芸能人も愛用?】ニュースキンのサプリメントの効果と評判をまとめてみた。 ヤバイと思わせるニュースキンの評判とは?(まとめ) ズバリ!ニュースキンを愛用している芸能人(徹底解説)

ネズミ講とは

最初にネズミ講から解説しますね。

リャンヤン

ネズミ講は、ピラミッド式の構図になっており、上に行けば行くほど儲かる仕組みです。

この仕組みはマルチ商法と同じですが、ネズミ講は紹介者の入会金をもとに分配し、成り立つ仕組みで、新たに紹介者勧誘し続け、自転車操業なので、最終的に破産します。

ねずみ式に増殖しなければ、破産するのがネズミ講の仕組みです。

リャンヤン

 

ニュースキンはマルチ商法

一方、マルチ商法は商品流通目的。(ニュースキンはマルチ商法に該当)

ピラミッド式の構図はネズミ講と同じですが、合法です。

マルチ商法の主宰会社は、広告費をかけず、愛用者を増やすメリットがあるわけです。

リャンヤン

マルチの主宰会社(紹介)

アムウェイアリックス、ミキプルーン(三基商事)、ニュースキン

フォーデイズ、アシュラン、ノエビア、モリンダ、ドテラなど

ツクシィ

アムウェイ、アリックス、ニュースキン、ドテラは若者に人気らしいでぇ~。

ニュースキンは合法だけど、特定商取引法が適用

マルチ商法は合法ですが、特定商取引法による厳しいルールが適用され

違反した場合、ペナルティが課せられ、違反件数が増えると業務停止などの行政処分が科せられます。

ただし、違反件数が増えたからといって、すぐに業務停止になりません。

まずは改善命令をして改善されなかったら業務停止になります。

リャンヤン

特定商取引法「連鎖販売取引」のルール

ニュースキン会員はこのようなルールを守らなければいけません。

リャンヤン

1.氏名などの明示(法第33条の2)

勧誘する際、会社名自分の氏名勧誘目的を最初に告げる。

 

ツクシィ

合コンパーティ、経済セミナー、BBQといって、ニュースキンの勧誘するのやめて~!

 

2.禁止行為(法第34条)

・勧誘の際、または契約の締結後、「製品の性能」「会費にどれだけの費用が発生するか」「どれだけ儲かるか」事実と違うことを告げてはいけない。

・勧誘の際、または契約の締結後、解除を妨げるために、相手威迫してはいけない。

・勧誘目的を告げない方法によって、誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外で、勧誘をしてはいけない。

3.広告の表示(法第35条)

・会員になった時の入会金商品の定期購入の有無セミナー費など、活動をする上での費用を説明しなければいけない。

・会員になった時の報酬の仕組みを説明しなければいけない。

参考 特定商取引法ガイド
注意

上記以外に、会員は消費者に対してクーリングオフ制度、中途解約・返品ルールなども説明しなければいけません。

また、解約する時に会員は「なんで?解約するの?」といった解約理由を聞くのも違反になります。

まとめ

ニュースキンはマルチ商法で、合法ですが、マルチ商法は苦情が非常に多いです。

特に苦情で多いのが、アップラインによる製品の大量購入強要ブラインド勧誘(勧誘目的を言わない)

街コンや出会い系サイトは注意!

街コンや出会い系サイトはニュースキンだけでなく、アムウェイ、アリックス、元モデーア(ワンダーランド)現在、環境という名前に変更。

ツクシィ

BBQ、パーティ、フットサル、社会人サークル、自己啓発セミナーの参加には特に気をつけてぇ。

99%マルチの勧誘じゃから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。